シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内定が取れる!就活で役立つ面接の受け方


こんばんわ。アキトです。
今日も就活につていのお話をしたいと思います。
就活で一番苦労するのが面接だと思います。

エントリーシートは通るけど一次面接で落とされてしまうという就活生も多いのではないでしょうか。
私も就活をしている時はそうでした。しかし、少しの気が付きである日、面白いぐらい面接が通り内定をいくつも勝ち取ることができました。
その気が付きを今回記事にしたいと思います。

面接は第一印象が大切

よく就活の本を読むと笑顔を作る練習をしろというページがあると思います。
こんなことしても仕方ないじゃないと思う人も多いと思います。
しかし第一印象はとても大切です。私は現在、営業をしているのですが、初めて会うお客様のときは特に気を遣います。

それは第一印象が悪いと、その後のお客様の関係が悪くなるからです。
人は3秒で相手の第一印象を決めると言われています。優しそうな人だとか真面目そうな人だとか感じの悪い人だとかを。その3秒の間に植え付けられた印象を変えるのに3年かかると言われています。

そう考えると最初の3秒がとても重要だということがわかると思います。
面接する部屋に入るときは明るく笑顔で入る事を心がけましょう。

面接は誰の為の面接なのかを考える

皆さん、突然ですが、面接は誰の為にすのだと思いますか?面接官の為ですが?採用してくれる企業の為ですか?
答えはNoです。面接はあなたの為にするものです。それに気が付かないと面接官の顔色を窺う面接をしても一向に次には進めません。

面接官が知りたいのは本当のあなたです。嘘を並べてもすべて見抜かれて2次面接には進めません。面接は難しい論文の内容を答えろとか方程式を答えろとか言われるのではなく、すべてあなたの事を聞いてくると思います。
自分のことすらわからない人を採用したいとは思いますか?

面接は営業活動と同じです。商品をお客さんに売り込みに行くのに商品の事を知らない営業マンが来たら、その人から買いたいと思わないでしょう。逆に何しに来たと思われてしまうのが落ちです。面接も営業と同じでただ売り込む商材が物ではなく自分自身に変わっただけです。

自分自身を知るためにはここでも自己分析が重要となってきます。
是非、自分という商品を知って面接にバンバン受かるスーパー営業マンになってください。

1次面接は受かるけど2次面接で落とされる原因

1次面接は受かるのに2次面接で落とされてしまう人も多いと思います。その一番の原因は
業界・企業研究が出来ていないからです。1次面接で落ちてしまう人は自己分析が出来てない人です。

自己分析は出来ているけど業界研究が不十分だと2次面接で落ちてしまいます。
自分の性格が社風に合っていないと会社としても雇いたいとは思いません。
最初、自分でいいと思っていた業界でも何社か受けて2次面接で落ちてしまうということは
その業界に合っていないのかもしれません。

別の業界に移った途端に内定が何社も決まる人もいます。
常に自己分析と企業研究を繰り返しながら就職活動を進めていくと、実のあるものになると思います。

まとめ

今回は私が就活していた時に気が付いた事を記事にまとめてみました。

やはり面接でも自己分析が重要となってきます。前回書いた自己分析の記事
これだけおさえておけば大丈夫!内定がもらえる就職活動の進め方!

も参考にして頂き、どんどん内定を勝ち取って頂ければと思います。


にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

この記事を書いた人

アキト
アキトファイナンシャルプランナー
保険代理店業を経営しているファイナンシャルプランナーのアキトです。
経営をしてみたいと脱サラをして経営者になりました。
保険に関する情報や知識、これまで営業マンとして培ってきた
技術や経験などをブログにしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする