シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者の為の自作PC入門~序章編~

Pocket


こんにちはアキトです!

今回は自作PCを始めてみたいと考えている方に向けてシリーズ化して自作PCの始め方をお伝えしていければなと思います。
よく趣味は自作PCですと言うと「難しそうだね」とか「はんだ付けとかするんでしょ?」とか色々と言われて敷居が高いイメージを持たれていますが、ちょっとした知識だけでドライバー一本でパソコンを作ることができます。プラモデルを作るより簡単です。
そんな難しいと思われてしまい、敷居が高いイメージを持たれてしまっている自作PCを少しでも敷居が下げられる記事を書ければなと思います。

メーカーPCと自作PCの違い

メーカーPCと自作PCの違いをそれぞれ表します。

メーカーPC 自作PC
本体保証がある スペックを自分で決められる
メーカーサポートが受けられる 必要なソフトだけ入れられる。
多くのソフトがインストール済み コストが抑えられる。
コストが高い 本体保証がない(部品単体のみ)
いらないソフトも多い サポートがない(自分で調べる)

メーカーPCと自作PCの違いを簡単に表にしました。やはり大きな違いはPC本体に保証がることです。
自作PCは組み上げたPC本体に保証はなくそれぞれのパーツに保証があるので初期不良でPCが
動かない場合は自分でどこが悪いのかを自作PCの場合、見つけないければなりません。
そこが大変だと思う人とそれも自作PCの醍醐味だと思える人で自作PCを続けられるかが決まると思います。
それにメーカーPCと違い困ったときにサポートが受けれれませんので、自分で調べる必要があります。
そのような事を踏まえて自作PCを始めて頂ければなと思います。今後このサイトにもそのようなトラブルの時に役立つ知識を配信していきたいと思います。

自作PCを始める為に最低限必要な知識

自作PCを始めるために最低限必要な知識はどんなパーツを集めるかです。ある程度パソコンの構成を知る必要がありますので以下からパーツの種類をまとめます。

CPU(中央処理装置)


PCの頭脳となる部分です。このCPUからの命令によってPCは動作します。PCの性能を大きく決める重要なパーツです。グレードがまた予算に合わせてCPUのグレードを決めるか、お金に余裕があるならPCで自分が何をやりたいかを決めてからCPUのグレードを選ぶのも良いかと思います。

メモリ


メモリはOSやソフトウェアを起動させるために使用するパーツででOSやソフトの起動の処理速度にかかわるパーツになります。
例えるならば作業する際のデスクの役割と同じです。大きいデスクなら多くの書類や本を広げても作業効率が上がって仕事が早く進みます。
メモリも同様で容量が多ければその分PC上で展開できるソフトも多くなりPCの処理速度も上がります。
容量に関しては現在は8GBのメモリが主流ですが、32bitのOSだと3.2GBまでにか認識しませんので4GB以上のメモリを認識させてい場合はOSは64Bbit版を購入してください。

マザーボード


マザーボードはすべてのパーツがつながる重要なパーツです。グラフィックカードが内蔵されているオンボードタイプなどがあります。
マザーボードにはサイズがあり大きい物はATX小さいものはmicroATXで規格で大きさが決まっています。小型のPCを作りたい場合や色いなパーツをつけたい場合などは用途に合わせてマザーボードを選定する必要があります。

グラフィックカード


ネットゲームや高いグラフィック性能が必要なゲーム、写真などの編集等を行いたいと考えている場合は取り付けた方が良いパーツです。マザーボードに内臓さされているタイプもあるのでネットぐらいしかしないという方は取り付ける必要はないと思います。

HDD


HDDはデータを保存したり、OSやソフトウェアをインストールし記憶しておく為に必要なパーツとなります。メモリとは違い電源を切ってもデータがきえることはありません。現在は写真やどーがなどのデータの容量が大きくなってきたのでITB以上の容量を購入した方がよいと思います。

スーパーマルチドライブ

CDやDVDなどを読み込むために必要なパーツです。現在ではブルーレイディスクなどの読み込みや書き込みができるドライブもあります。
読み込み速度や書き込み速度によって金額もまちまちですが、書き込みソフトが付属している物を買うとソフトを別に買わずに済むのでコストを抑えられられます。

電源

電源はパーツに電気を供給する重要なパーツです。多くのパーツを取り付けるとその分、電気を多く使うので容量が多い電源を購入する必要があります。
また、電源も価格帯が安い物や高いものがありますが、安定した電気をパーツに供給できるものを選ぶのが良いでしょう。
その目安としてブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナという表記があります。安定した電気をパーツに供給できる電源を選んだ方がPC自体の寿命を長くすることがですます。
電源だけは良いものを購入することをお勧めします。

PCケース

大型や小型のケースまで様々なケースがあります。自分の好みに合わせて選ぶのも自作PCの醍醐味でもあります。配線がきれいに収納できるケースがおすすめです。

PCパーツの入手方法

PCパーツはどこで買えばいいの?という疑問が出てくると思いますが、PCパーツショップで買ったり、ネットで買ったりすることが出来ます。最初はお店の人と相談しながら
購入した方が良いと思いますので、PCパーツショップに行って購入することをお勧めします。関東なら秋葉原がやはりPCパーツショップが多くあると思います。
色々なお店に回って安いパーツを探したり、自分好みのスペックにする為にパーツを探したるする作業が一番、自作PCを作る工程の中で楽しいひと時です。
ぜひ、色々とお店をまわってみてください。

まとめ

今回は自作PCを始めるにあたって最低限必要な知識についてお話ささせて頂きました。PCを作ろうと思えば上記のパーツをそろえればPCとして使用することが可能です。
しかし、どうせ自分でPCをつくるなら色々とこだわりをもって作りたいと思うと思います。これからはパーツ一つ一つの詳しい知識を記事にして、自作PCの面白さを
皆様にお伝えできればなと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする