【保存版】初心者でもよくわかる火災保険の基礎知識

未分類
この記事は約5分で読めます。

こんにちわ!アキトです。

今回は火災保険の事についてお話したいと思います。自動車保険と違って長期の保険期間となるので意外と忘れてしまわれがちな保険ですが、日常生活で家はなくてはならないものです。
そんな家の保険もしっかり理解して安心した生活を送れるようになって頂きたいと思います。

そもそも火災保険ってどんな保険?

皆さんの火災保険のイメージはどんな感じでしょうか?家が燃えたら補償してくれる保険でしょうか?地震が起きたら補償してくれる保険でしょうか。どちらも正しいですが、もう少し奥が深い保険です。

火災保険は建物と家財の2本立て構造

基本的に火災保険は建物と家財の2本立ての構造となっています。火災保険は家やマンションの建物と建物の中にある家具や什器などの動産を補償する保険です。
火災保険のご契約をされているお客様の中には建物だけ火災保険に加入されていて、家財の火災保険には加入されていない場合もあります。もし、家が火事にあってしまった場合は建物だけ火災保険に加入していると家具や家電などの家財は補償されません建物の保険だけ加入していれば家財もすべて補償されると思われているお客様のいるので建物だけでは家財は補償されないと覚えておいてください。

建物と家財ってなに?

建物の範囲に入るものは建物に固定されている物になります。柱、屋根、壁、床(畳など)はもちろんですが、立て付けてある棚は家財ではなく建物の保険で補償されます。
家財に関しては動産になるので、家に固定されていない物家具やソファー、家電製品などは動産になるので家財に分類されます。

火災保険の補償内容

建物や家財に対してどのどの様な補償が受けられるのかを説明します。

①火災

火災 火災で家や家財が燃えてしまった事故
落雷 落雷により家や家財が破損、または落雷により火災が発生した事故
破裂 水道菅やガス管が破裂したことにより家や家財が破損した事故
爆発 ガス管から漏れたガス等で爆発し家や家財が破損した事故

②風災

風災 台風等で屋根が吹き飛ばされてしまったり、窓ガラスが割れて家財が壊れてしまった場合の事故
雹災 雹が降って屋根や窓ガラスが割れてしまった場合の事故
雪災 雪により屋根が破損したり、積もった雪で家が倒壊してしまった場合の事故

③水災

大雨や台風で家が浸水(床上浸水、地面より45cm以上超える浸水)してしまった場合の事故を補償します。
ここで注意して頂きたいのが、地震で津波が起きて浸水してしまった場合は火災保険では補償されません。
この場合は地震保険の補償範囲となります。

④盗難、水漏れ等

泥棒に入られてしまい、家財を盗まれてしまった場合や水漏れが起きて壁紙や家財が破損してしまった場合に補償されます。
また、車が家に突っ込んで逃げられた場合も火災保険で補償されます。

⑤破損

部屋の模様替えをしていて窓ガラスや壁を壊してしまった場合(意図的に行った場合は補償されません)やテレビを落としてしまった場合に補償されます。
しかし、携帯する物(携帯電話、ノートパソコン、メガネ等)は補償されません。
よく漫画で野球していた子供が隣の家の窓ガラスを割って逃げられてしまうというシーンがありますが、それも補償されます(笑)

地震保険とは

 

よく地震保険に加入しましょうとメディア等で最近言われていますが、地震保険と火災保険の補償内容を混同されてしまう場合があるので説明したいと思います。
地震保険とは国が管理、運営をしている公的保険になります。自動車保険で言う自賠責保険と同じです。
地震保険単体での加入は出来ず、火災保険とセットで加入する必要があります。その為、火災保険と混同されてしまう場合があります。
そこで地震保険の補償範囲を再度確認したいと思います。

地震で家が倒壊したり家財が壊れてしまった場合 地震保険で対応
地震によって火災が発生してしまった場合 地震保険で対応
津波によって水没、倒壊してしまった場合 地震保険で対応

地震によって引き金となった火災や水災はすべて地震保険で対応となります。

地震で家が倒壊しなくても、地震によって隣の家が燃えて飛び火した火災の場合は火災保険では対応してもらえません。ですので、地震保険の加入を呼びかけているのです。
また、地震保険は火災保険でかけている補償金額の半分(最高上限)しか補償されません。
ですので、火災保険で2,000万円の補償を付けていたとしても、地震による災害の場合は1,000万円しか補償してもらえません。これは家財も同様です。
その為、少しでも補償額を上げたい場合は家財の補償金額を多く加入して補うしかありません。

火災保険の特約

火災保険にも自動車保険などと同様に特約があります。今回はその火災保険の特約の中で代表的な特約をご紹介します。

①個人賠償責任補償特約

隣の家の設備を壊してしまった、マンションやアパートで水漏れを起こして下の住人の家財を壊してしまった時など相手に対して賠償をする場合の特約です。
アパートやマンションを借りている人は加入をお勧めします。

①貸家人賠償責任補償特約

こちらもアパートやマンションを借りている方は必ず加入したほうが良い特約です。
自分の不注意で火災を起こしてしまった場合に大家さんから賠償を求められた時に補償してくれる特約です。

③類焼損害補償特約

自分の家から火災が発生し近所の家を燃やしてしまった場合、類焼先の家の加入している火災保険では復旧できない場合に、その不足分を補償する特約です。今後ご近所と付き合っていく場合にトラブルを最小限にするために加入しておいた方がよい保険です。
通常、自分で起こした火災で隣の家を燃やしてしまっても、法律上は責任義務はありません。

まとめ

以上、火災保険の基礎知識でした。
今回の記事で抑えて頂きたいのは

①建物だけでは家財は補償されない
②地震で起きた火災や水災は火災保険では補償されない

この2点を最低覚えておいて頂ければ大丈夫だと思います。

 

 

以下のサイトで無料の保険相談をされてみたは如何でしょうか。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

The person who wrote this article

アキト
アキト
初めましてアキトです。10年間ヲタクの世界に入り、モテるとは無縁の日常をすごしていました。そんな私も一念発起してモテる男になるために自分磨きを行い、今では人並みに恋人もできる様になりました。そんな経験を私と同じ様に悩んでる男性の役に立てばとこのブログを立ち上げました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました