「美人は3日で飽きる」は本当?実際にそうなのか検討してみた!

恋愛
この記事は約5分で読めます。

こんにちはアキトです。今回はいつもと違った内容の記事を上げたいと思います。

それは「美人は3日で飽きる」は本当なのかを真剣に考えていきたいと思います。
かなり主観的な内容の記事になるので、そういった内容が気分を害すると思われる方は読まずにこのページを閉じてください。

そんなことない!読みたいと思ってくださる方はこのまま読み進めて頂けると幸いです。
また、決して美人の方や美人でない方を否定するつもりではないという事も理解して頂き読み進めて貰えればと思います。

前置きが長くなりましたが、以下から本編を始めたいと思います。

そもそも美人は3日で飽きるの意味とは?

ネットの辞書Webioで「美人は三日で飽きる」の意味を調べてみました。

美しい容姿の女性を恋人にしても、その魅力はすぐに感じられなくなってしまうという考えを表す語。また、間接的に見た目ではなく中身で恋人を選ぶべきだという意味にとられることもある。

引用:Weblio

やはり、そのままの理由ですね。そうは言っても男なら一度は美人と付き合ってみたいと思うのが普通ですよね。でも最初は綺麗だなと、ときめくけど毎日見ていると飽きるというより
見慣れるというのが本当の心理ではないのかなと思います。

美人の定義

美人にも色々と定義がありますよね。整った目鼻顔立ちの美人、性格・内面が綺麗な美人やはり一般的な美人とされるのは前者の方なのかなと思うのですが、でも雰囲気が魅力的で美人に見える方もいますよね。内面からでる魅力が外見にも出ている素敵な女性が、こういう女性と付き合えば一番いいのかなと思うのですが、やはり外見で選んでしまいますよね。

実際に美人と付き合ってみて飽きるのか?

最初に結論をいうと美人の彼女と2年お付き合いしていますが飽きることはありません!!

僕にはメンヘラですが美人の彼女がいます。彼女は誰が見ても美人と言われるほどの美人さんです。

社内では誰が美人と聞けば一番に彼女の名前があがるし、一緒に歩いてると男性はみんな振り返るし、一緒に飲み屋で飲んでるとおじさんやおばさんに美人さんと付き合えて彼氏は幸せねってしょっちゅうちょっかいを出されるし、テレビ局の受付嬢をしてたくらいなので世間が認める美人さんだと思います。

外見はほわっとした比嘉愛未って感じです。スタイルの比嘉愛未さんのようにスレンダーで背が高くて美脚な彼女です。

詳しくは下記の記事をご参照ください。

”http://toward-the-future.com/2017/09/13/post-447/″

彼女の自慢はさておき、彼女を好きになったは私の一目惚れから始まりました。
先ほどもお話しした通り、男なら一度は美人とお付き合いしてみたいと思うもの!

ぽっちゃりブサメンの私ですが美人とお付き合いすることは出来なかったとしても、美人と食事するぐらいなら許されるだろうと思い、彼女をランチに誘いました。最初は飲みに誘っていただのですが断られ続け、ランチならどうだど誘ったら了承してくれました。

いつも遠目で見ていた憧れの美人さんです。そんな女性が目の前で私とお話ししてくれているんです。終始ニヤニヤが止まらない状態でキモイ男丸出しでした。普通なら美人の女性と食事できて幸せだったで終わるのですが、彼女は違いました。

会話をすれば話は弾むし、感覚も似ているしお互いが惹かれあうのは時間の問題でした。
何回かデートを繰り返すうちに付き合う様になりました。
付き合い始めると当初感じていた美人だなーと思う気持ちは薄れました。これは飽きるというよりやはり慣れたのだと思います。

でもふとした仕草や行動が可愛いな綺麗だなと感じることはしょっちゅうありました。
きっとこれは外見だけの感情から内面に対する感情にシフトしていったのだと思います。

美人と付き合うと幸せなのか?

美人は外見は良いけど性格が悪いと言われて付き合うと幸せになれないと言いますが、私は違うと思います。それは自分が彼女の性格を愛せるか愛せないかの差ではないかと考えます。
他の人は美人だけど性格が悪いと言っても自分がそうは思わず、彼女の性格が愛おしいと思えれば良い事なのではないのでしょうか。

極論を言えば、好きになった人がたまたま美人だったいう事なのではないでしょうか。
好きになるきっかけが美人だっただけであって長く接していれば美人だけという事で長く付き合えるとは思えません。やはり内面が合わなければ美人であろうとなかろうと長くはお付き合いできないのです。

美人で自分と性格が合えばそんな女性と一緒に居れることは幸せなことだと思います。

外見と内面の関係性

10代20代前半の時は外見で女性を好きになる傾向が強いと思います。(もちろん10代20代でも内面を好きになる方もいると思います)私は自他共に認める面食いですが30代になるとやはり内面で女性を好きになるよになりました。

それを強く感じたのは最近ハマったメタルギア5をしてからなんです(笑)
この記事を書くきっかけになったのですが、メタルギア5に出てくるクワイエットという美人スナイパーがいるのですが、実は実際の女性の顔をスキャンしてCG化しているのでもちろんゲームと実物は瓜二つです。

出典:mgs5.ha-navi


出典:metalgearinformer

上の画像がゲームで下の画像がご本人です。本当に瓜二つですよね。ゲームを進めているとクワイエットの性格がとても純粋で健気で、すぐに好きになったのですが、実際のモデルさんを見ても美人だなーと思っただけで、好きにはなりませんでした。

普通なら外見が同じならクワイエットもご本人も好きになるはずですが、そうではありませんでした。この感情から「あっ!やっぱり外見ではないんだ」なと感じました。
いくら外見が綺麗だったとしても最終的に美人を飽きるか飽きないかは内面的な部分が大きくかかわってくるのかもしれません。

 

まとめ

「美人は3日で飽きる」という言葉は外見だけで見れは飽きるというよりも慣れる。外見の要素に内面の感情が加われば、美人だとしても飽きないと私は思います。

好きになるきっかけは外見の綺麗さだったしても、長く飽きずに一緒にいれるのは内面的な魅力だと思います。一緒に居たいなと思った女性がたまたま美人だったと思えば決して3日で飽きるなんてことはないと思います。

この考え方は主観的な考え方なので色々な感じ方や考え方があると思います。こんな考え方もあるんだなと思って頂けたら幸いです。

 

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ モテ男へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

The person who wrote this article

アキト
アキト
初めましてアキトです。10年間ヲタクの世界に入り、モテるとは無縁の日常をすごしていました。そんな私も一念発起してモテる男になるために自分磨きを行い、今では人並みに恋人もできる様になりました。そんな経験を私と同じ様に悩んでる男性の役に立てばとこのブログを立ち上げました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました