シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保険のプロが教える!国内・海外旅行保険の基礎知識


こんにちは!アキトです!

今回は旅行保険についてお話したいと思います。
旅行保険は傷害保険分野に入るのですが、国内・海外旅行両方に対して保険があります。
国内・海外と多少補償内容が違うので、その違いを細かく説明して行きたいと思います。

国内旅行保険とは

国内旅行保険とは国内を旅行中に起きた災害や事故等で死亡、またはケガ等をされた場合に補償される保険です。補償内容について細かく見ていきたいと思います。

死亡・傷害補償

旅行中に死亡されてしまったり、ケガや病気で入院されてしまった場合に保険金をお支払いするという補償です。
死亡保険金は国内旅行の場合、500万円~5,000万円の間で契約できます。
また、入院された場合は日額5,000円~1万円の間で契約できます。手術をされた場合も入院保険金日額の10倍~5倍の入院費をお支払いします。
例えば、入院保険金日額1万円で契約された場合、10万円の手術費が補償されます。
通院も補償されますので、入院補償と同様な形で、日額4,000円~7,000円の間で契約することができます。
保険金については保険会社によって異なりますので、加入される際に確認してください。

賠償責任

旅行中に展示物や商品を壊してしまったり、人にケガをさせてしまった際に契約者の方が相手より賠償を求められた際に保険金をお支払いする
補償です。だいたい3,000万円が最高補償金額となっている場合が多いです。こちらも保険会社によって異なりますので
加入される際に確認が必要です。

携行品損害

携行品とはカバンやカメラ、現金など旅行に持参する物の事をいいます。
旅行中にカメラを落として壊してしまった。カバンを盗まれてしまった場合などに30万円程を限度に保険金をお支払いするという補償です。
気を付けなければならいのは、カバンを置き忘れてしまって盗まれた場合やわざとカメラを落として壊した場合は保険の対象外となります。
また、車で旅行をされた際に車を盗まれてしまった場合も補償対象外となります。
車の盗難については旅行中だとしても、自動車保険で車両保険に加入されている場合に限ります。

救援者等費用補償

お子様が旅行中にケガや病気で入院されてしまった際にご家族が現地に行くまでの旅費や宿泊費を補償するものです。
また、飛行機が墜落して遭難したり、船が難破して行方が分からなくなった場合の捜索費用も補償されます。
限度額は保険会社によってことなりますが、100万円~300万円の間で補償保険金を設定しています。

航空機欠航、着陸地変更費用補償

飛行機が悪天候の為、欠航したりした際にその日の宿泊費を補償するものです。
また、着陸地が変わり、到着した時間が遅い為に交通手段がなくなってしまい宿泊しなければならない場合に宿泊費を補償するものです。

海外旅行保険とは

海外旅行保険も国内旅行保険と補償内容はほぼ同じですが、補償される額があがったり、一部補償内容が追加されている場合がありますので細かく見ていきたいと思います。

死亡・傷害補償

国内旅行と同様に海外旅行でも旅行中に死亡されてしまったり、ケガや病気で入院されてしまった場合に保険金をお支払いするという補償です。
死亡保険金は海外旅行の場合、10,00万円~1億円の間で契約でき、国内旅行保険よりも補償額が高額です。
海外旅行の場合は入院、通院日額いくらという契約形態はなく、治療、救援費用補償で治療費を補償します。後ほどご説明します。
また保険金については国内旅行保険と同様に保険会社によって異なりますので、加入される際に確認してください。

賠償責任

海外旅行保険にも旅行中に展示物や商品を壊してしまったり、人にケガをさせてしまった際に契約者の方が相手より賠償を求められた際に保険金をお支払いする補償があります。
だいたい1億円が最高補償金額となっている場合が多く、国内旅行保険よりも補償金額が高く設定されています。こちらも保険会社によって異なりますので加入される際に確認が必要です。

携行品損害

海外旅行保険にも携行品損害補償があります。
海外旅行保険の場合も補償保険金額は30万円程になります。パスポートを盗まれてしまったり、カメラやカバンを盗まれてしまったり、壊してしまった場合も国内旅行保険と同様に補償さます。

治療・救援者費用補償

海外旅行場合はケガや病気をしてしまい入院しなけらばならなくなった場合の補償はこの補償で対応されます。国内旅行保険と同様に親族の方が旅行中にケガや病気で入院されてしまった際にご家族が現地に行くまでの旅費や宿泊費が補償され飛行機が墜落して遭難したり、船が難破して行方が分からなくなった場合の捜索費用も補償されます。
限度額は保険会社によってことなりますが、1,000万円から無制限で補償保険金を設定されている場合が多いです。海外の場合は医療費が高額になることが多いので無制限で加入される事をお勧めします。

偶然事故対応費用補償

国内旅行保険の中の航空機欠航、着陸地変更費用補償をさらに充実させたものです。国内旅行保険と同様に飛行機が悪天候の為、欠航したりした際にその日の宿泊費が補償されます。

また、飛行場に向かう際に列車が止まってしまい、飛行機にこのままだと間に合わないのでタクシーや別の手段で飛行場に向かった際の交通費も補償されます。

航空会社に預けた手荷物が出てこず、旅行に必要な身の回りの物を再度購入した際の費用も補償されます。限度額は10万円ほどが各保険会社の補償金額です。

まとめ

意外と国内旅行に関しては保険に加入される方は少ないと思います。せっかくの楽しい旅行がトラブルのせいでつまらなくなってしまっては勿体ないので保険に加入してもしもの時も慌てずに、旅行が続けられるように備えてはいかがでしょうか。

以下のサイトで保険の相談をされてみてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村

この記事を書いた人

アキト
アキトファイナンシャルプランナー
保険代理店業を経営しているファイナンシャルプランナーのアキトです。
経営をしてみたいと脱サラをして経営者になりました。
保険に関する情報や知識、これまで営業マンとして培ってきた
技術や経験などをブログにしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする