シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自転車に乗るなら加入必須!自転車保険のすすめ

Pocket

こんにちわ!アキトです。

最近、企業でも通勤で自転車を使う場合は自転車保険に加入するように義務付けているところもあります。埼玉県では自転車保険に加入することを義務化する条例も新設される予定です。(義務化ではありますが法的拘束力はありません)

ここまでくると自動車保険について知っておく必要があると思います。今回は自転車保険について詳しくお話したいと思います。

自転車保険ってどんな保険?

自転車保険と言っても補償内容は個人賠償責任保険と傷害保険が一緒になったものがほとんどです。それぞれの補償がどういう物か詳しくご説明したいと思います。

個人賠償責任保険

個人賠償責任保険とは相手にケガをさせてしまったり、死亡させてしまったりした場合、賠償を求めれらた際に補償保険金額に応じて相手に対する賠償金を支払う保険です。人だけでなく相手の物を壊してしまい賠償を求められた場合でも保険金として賠償金を相手に支払う事も可能です。

自転車保険で言うと、自転車で相手を引いてしまい死亡させてしまった、ケガを負わせてしまった場合に賠償責任が発生した際に適応されるのが、この個人賠償責任保険になります。

ケガをさせてしまった、死亡させてしまった相手が将来ある子供だったり、医者や芸術家だった場合は高額の賠償責任を求められる事があり、数千万から数億円と言われています。実際に自転車事故による賠償を求められた判例も近年多く出てきており、高額の賠償を求められる判決が殆どです。

そういった場合の為に個人賠償責任保険だけでも加入しておけば身を守ることができます。
自分は事故を起こさないから保険には加入しなくて大丈夫と思われている方も多いと思いますが、自分が気を付けていたとしても急に子供が飛び出してきたり、不意をつかれて事故を起こしてしまう可能性だってゼロではありません。

多くの保険会社は個人賠償責任保険の補償金額は1億~3億円がほとんどですが、できれば無制限で加入しておけばより安心して自転車に乗ることが出来ると思います。

月々数百円で入れる保険なので自転車保険の加入を検討して頂きたいです。

傷害保険

個人賠償責任保険保険は相手に対する補償に対し、傷害保険は自分自身のケガの治療費や死亡してしまった場合の死亡保険金などを補償する保険です。詳しくは以前、傷害保険について説明させて頂いた以下の記事をご覧ください。

簡単に説明すると傷害保険は死亡や後遺症を負ってしまった際の一時金やケガによる入院・通院にかかる費用を日額入院3,000円、通院1,000円といった様に補償する保険です。

自転車保険に付帯されるサービス

現在の自転車保険には個人賠償責任保険や傷害保険とは別にそれぞれの損害保険会社で特有のサービスがあります。

示談交渉代行サービス

事故が起きた際に相手方と保険会社があなたに代わって示談を行ってくれるサービスです。
やはり事故が起きるとどうしても示談をしなければならず、この示談が一番難しく、手間がかかります。

法律のプロなら良いですが、私のような素人はプロに任せて示談をしてもらえれば事故を起こしてしまった際の負担を軽減できると思います。

こういった示談交渉サービスを受けられるというのも保険に加入する意味があると思います。

自転車ロードサービス

自動車の搬送ロードサービスなら普通なのですが、自転車のロードサービスがあるなんてビックリしました。この自転車ロードサービスとは自力で自転車が走行できなくなった場合に24時間365日50kmまで無料で搬送してくれるサービスです。

パンクしてしまったりチェーンが外れて走行できなくなってしまった場合に車で取りに来てくれるというなんともありがたいサービスです。

自転車保険に加入する意味

近年、自転車事故が多く発生しており、その数は年々増加傾向にあると統計が出ています。自動車よりは気軽に乗れて小回りも聞く自転車は便利で素晴らしい乗り物ですが、一つ間違えれば凶器にもなるという認識を持ってほしいと思います。

交通事故と言えば自動車がほとんどで、免許を持っていない私には関係ないと思われている方は多いと思いますが、自転車は道路交通法で言えば軽車両となり、れっきとした車両として扱われます。

自動車保険には皆さん加入するのになぜ自転車保険には加入されないのでしょうか。相手を傷つけてしまったら、自動車でも自転車でも賠償を求められるのは同じです。

それに子供を持つ親御さんも子供が自転車に乗るなら是非、自転車保険を検討して頂きたいです。数千万、数億円の賠償金を子供に払えと言われても払うことはできないと思います。そうなると親の責任になります。家族を守ると言う意味でも自転車保険に加入して頂きたいと思います。

まとめ

今回は自転車保険についてお話しさせて頂きました。

私が声を大にして言いたかったことは自動車も自転車も人を傷つけてしまったら同じ賠償を求められるという事です。自動車の件に加入はするのに、なぜ自転車保険には加入しないのかという事を知って欲しくてこの記事を書かせて頂きました。

もし、自動車保険に加入されていて個人賠償責任保険を特約でつけている方は、別途、自転車保険に加入する必要はありません。

また、同じ家に住んでいる家族なら誰か一人が個人賠償責任保険に加入していれば家族全員補償されます。これは各保険会社によって違うので現在加入されている保険会社に問い合わせてみると良いかもしれません。

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする