シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保険のプロが教える!失敗しない為の収入保障保険の基礎知識

Pocket

こんにちわ!アキトです!

今回はCMなどで流行の収入保障保険についてお話ししたいと思います。
年齢や保険会社によっても保険料に差がありますが、大体、月の保険料は3,000~4,000円が相場ですが、その金額に釣られて加入してしまうと補償を受ける時に「こんなはずじゃなかった」となる可能性があります。そうならない為に補償の内容と保険料を吟味し、安い保険料にはそれだけ裏があると疑って保険に加入しましょう。

今回は失敗しない為に加入前に確認しておいた方がいい項目を皆様にお伝えしたいと思います。

そもそも収入保障保険とは

CMなどでは病気やけがになるとお給料のようにお金が毎月振り込まれると宣伝されていますが、まさにその通りです。
もっと詳しくお話しすると、加入前に毎月貰える保険金と保険期間を設定し、病気やケガになった時に、その設定した保険金が病気やケガなどで就業不能状態と医師から診断されて保険期間内の間、給付されます。
また死亡してしまった場合でも保険期間内であればその間はずっと給付されます。ですので収入保障保険は残された家族の生活を守るという意味でとても良い保険であると言えます。
通常の定期保険は死亡補償だけとなり、病気で働けなくなっても保険金は支払われないので、収入保障保険が現在、流行っているのだと思います。

加入前に確認しておくべき5つの項目

冒頭でお話ししましたが、手ごろな掛け金で加入できるという事には何か裏があります。安い掛け金で手厚い補償の保険が一番なのですが、条件が良いほど保険料が高くなると思ってください。
その為に、加入前に確認しておくべき5つの項目をこれからお話ししたいと思います。

①就業不能状態になり何日間で補償を受けられるか確認する

就業不能状態になったらすぐに補償を受けれれると思われている方が多いかもしれませんが、それは間違えです。
保険会社によっても異なりますが、就業不能状態になって〇〇日間を超える場合のみ保険給付の対象になる。と小さく記載があったりします。
3大疾病や5疾病の場合は60日間、病気やけがで介護が必要となり就業不能状態になった場合は180日間などと記載があるのでよく確認をしてみてください。
保険会社が定めた就業不能期間を超えなければ補償を受けることができません。

【参考】5疾病とは

悪性新生物(がん)
急性心筋梗塞
脳卒中
肝硬変
慢性腎不全

②補償される病気を確認する

これも落とし穴があって、死亡した場合や重度高度障害にならないと保険金を受け取れないという収入補償を売り出している保険会社もあります。
日本人がかかる可能性の高い5疾病は補償しないという条件で保険料を格安にしている場合もあるのです。
そうとは知らずに、がんとなって就業不能になってしまった場合、収入保障保険に入っているから大丈夫と思って給付を依頼すると、「お客様の契約内容では死亡と高度障害のみでしか補償は受けれれません」といわれ
唖然としてしまう可能性もあるので、しっかり補償される病名を確認して加入しましょう。

③補償を受ける為に医師の診断書が必要か確認をする

補償を受ける際は必ず医師の診断書が必要になりますが、保険会社によっては毎年、医師の診断書を提出してくださいと言われる場合と最初だけ診断書を提出すれば保険期間内は必要ありません。
という保険会社もあります。補償を受けた後でも手間がかかる保険会社もありますので、診断書の提出頻度の確認も加入前に確認しましょう。

④保険料の払い込みが免除になるか確認する

保険会社が定める病気になり、就業不能となった場合、そのあとの保険料を支払わなければならないか、支払わなくて良いか確認して加入しましょう。
病気になっても保険料を支払わなければならないなんてバカバカしいですよね。

⑤最低支払保証期間を確認する

最低支払保証期間とは保険期間満了日を65歳としていた場合、64歳で就業不能となってしまっても、最低保証期間を2年間として契約していれば66歳までは補償が受けられるという事です。
これを5年間にすれば69歳まで受け取ることが可能です。ですので保険会社は保険料を安くするためにこの最低支払保証期間を短く設定している場合があるので確認が必要です。

まとめ

今回は収入保障保険についてお話しました。
加入する際に5つの事に気を付けて加入して頂ければ失敗することなく安心して契約できると思います。
最後に私のお勧めの収入保障保険をご紹介します。

①チューリッヒ生命:収入保障保険プレミアム
http://www.zurichlife.co.jp/product/category_shibou/shunyuhoshou
こちらの保険はなんといっても病気の補償範囲が5疾病の他にストレス性の疾病も含めると16項目もあるという所が魅力です。

②東京海上日動あんしん生命:家計保障定期保険NEO
http://www.tmn-anshin.co.jp/kojin/goods_shibou/kakei_support/
あんしん生命も5疾病の病気もカバーしてくれるのと、就業不能になれば保険料は免除され、就業状態になっても保険期間中は毎月保険金が支払われるという嬉しい保険です。

以下のサイトで保険相談をされてみては如何でしょうか。

にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする